鈴木亮平は東京外語大出身!英検一級でドイツ語が超うまい理由は?調布の学生時代は

せかほし花 テレビの話題
公式twitter

俳優の鈴木亮平さんは、東京外国語大学出身で学生時代を調布で過ごしたそうですね。
英語もベラベラで、ドイツ語までしゃべれるとか。
ハーフや帰国子女ではなく、純粋な日本の方です。
こんなに語学が堪能なのはなぜ?
お兄さんが学者だそうですが、関係はある?

スポンサーリンク

鈴木亮平は東京外語大出身で調布の学生時代

プロフィール

出典:https://www.horipro.co.jp/

名前:鈴木亮平
出身地:兵庫県 西宮
生年月日:1983年3月29日
身長:186cm
出身地:東京外国語大学(英語専攻)
資格:英検1級
世界遺産検定1級

鈴木亮平さんといえば、朝ドラの「花子とアン」や「西郷どん」を始め
ドラマや映画に出るたびに、体型や顔まで変わるすごい俳優さんというイメージ。

テセウス老け顔

公式twitter

俳優になるために大学は、東京へ行き、好きだった語学の勉強もしようと決めたのは高校生の時。
そして東京外国語大学に進学します。

日本唯一の、国立の外国語大学です。
世界中の言語が研究されていて、多くの専門の語学研究者がいる大学。
京王線沿いの調布市に、4年間住んでいたそうですね。
学生時代は将来俳優になるため、演劇サークルに入っています。

大学で語学を専攻していた鈴木さんは、ずっと前から将来海外の作品に出ることも考えていたそうです。
周りが就職活動を始めるころ、履歴書を持って50社ほどの芸能事務所をまわり、所属事務所からモデルデビューされています。
鈴木亮平さんは、日本で初めての水着キャンペーンボーイなのだそう。

それは意外というか、それまでいなかったことに驚きです。

スポンサーリンク

鈴木亮平の英検一級の英語力

鈴木亮平さん、英検一級をお持ちなのですね。

鈴木亮平さんの語学がすごいというのでどんなもの?
と思って少し探したら、本当にすごいのですね。

第32回東京国際映画祭でのインタビュー

鈴木亮平さんに英語で質問してみた!

小西詠斗さんのチャンネルで英語で質問されています。
英語の質問を修正しながら、優しく教えてあげながら答えてあげる姿に包容力を感じます。

お父さんのように貫禄があります。
優しいですね〜。
大人だなー。

スポンサーリンク

中学生時代にアメリカ留学を決意

メガネインテリ

公式twitter


小さい頃から親御さんと、ジャッキーチェンやアーノルド・シュワルツネッガーの映画を字幕で見ていた鈴木さん。
その頃から「俳優になりたい」という思いはあったそう。
初めての海外旅行は、小学生の時のアメリカ旅行。
おじさんが単身赴任でロサンゼルスにいたので、家族全員で遊びに行ったそうです。

兵庫県から、いきなりアメリカで生の英語に触れて、まるで映画の世界に入ったように感じたそうです。
この旅行の時に、いつかコミュニケーションが取れるようになりたいと、英語に興味がわいたのですね。
わかりますねその気持ち!
小学生の時は、お兄さんとキリスト教青年会(YMCA)に通い、自然と英語に触れる環境に。
そして中学で文法を勉強すると、意味がわかるようになり、どんどん英語が好きになって行きます。

中学2年の時にYMCAのプログラムでアメリカに、中学3年のときに西宮市のプログラムでオーストラリアへと短期のホームステイをされています。

YMCAのホームステイプログラムは、お父さんが見つけてきてくれたそうです。
家族そろってのアメリカ旅行といい、子供達に外の世界を見せようとしてくれたのですね。
いいお父さんなのですね。
それで鈴木さんは、こんなに懐の深い役者さんに!!

スポンサーリンク

高校生の時に交換留学

高校は、語学に力を入れている学校に進学します。
そして高校1年生の時に、交換留学の制度を利用してアメリカに行きます。
行った場所は、アメリカのオクラホマ。

留学先は自分では選べないので、どんな場所か知らなかったそうです。

オクラホマのホームステイ先は、見渡しても隣に家が一軒見えるくらいの牧場や農場に囲まれた広大な田舎。
学校ではクラスメイトの半分は、カウボーイハットをかぶって登校していたそう。

出かける時は、ホームステイ先の家族に車を出してもらわないとどこにもいけない。
一人ではどこにもいけず、家ではスマホもなく、延々と家族と英語でしゃべるしかない。

そんな環境に1年留学。
結構キツイですね…。

鈴木さんの英語が上達したのは、この追い込まれた状況だったからのようです。
もともと英語を勉強していたので、この環境に適応することができたのですね。
それでも、やはり初めは無口になってしまったそうです。
だんだん慣れて適応していくうちに、人間は変わらないと感じるようになったとおしゃってますね。

確かに習うより慣れろといいますからね〜。
それにしても中学生のうちに2度も短期留学されていて、
留学前にすでにだいぶ英語に慣れていたのですね。
ご自分でも相当勉強していたようです。

全然勉強せずに海外に行って、結局身につかなかった話もよくありますからね。
やはり将来「俳優になって海外でも」

スポンサーリンク

鈴木亮平のドイツ語力がすごい理由

鈴木亮平さんは、実はドイツ語もペラペラ。
「全国高校生ドイツ語スピーチコンテスト」で優勝されています。

なんでドイツ語?
文法も発音も英語とは違うよね。
と思っていたら、
高校生の時に、海外に留学した鈴木亮平さんはたくさんの外国人の学生と仲良くなり、ドイツ人の彼女ができたそうです。
その彼女と話したい一心でドイツ語を猛勉強。
そうしたらスピーチコンテストで優勝してしまうほどに上達してしまう。
すごすぎる。

鈴木亮平さんは、一つのことにのめり込む集中力がずば抜けているのでしょうね。
それは、彼女ができたら集中して勉強するでしょうね。
そういえば世界遺産検定も1級をお持ちです。

それも「一つのことにとことんのめり込む性格」とご自分でおっしゃる通りなのでしょうね。
世に出すものにはとことん理解しておかないとダメと思っているという。
さすが役によって見た目から別人のようになる、役者さんとしての責任感も、そこからくるのですね。

世界遺産

公式twitter

実際には行ったことがなく、妄想とご本人の調査で5年かけて書いたという本。
妄想で、ここまでかけるとはすごい力です。
やはり子供の時の留学体験や、語学の勉強をしていたら、世界に興味が湧きますよね。

スポンサーリンク

鈴木亮平の学者の兄

鈴木亮平さんには、お兄さんがいらっしゃって学者さんだそうです。
子供の時に行ったアメリカの家族旅行で、鈴木亮平さんは英語に目覚めたそうですが、お兄さんは全く興味がなく。
「食べ物も合わないし、そもそも会話したくない」
と思っていたそうです!
同じ経験をしたのに、面白いですね!

それなのに、お兄さんは研究者になり、結局アメリカに行き、ついにはオーストラリアに永住することになったそうです。

お兄さんも研究者ということで、没頭するタイプなようです。

なんでしょう
すごく頭のいい家系?
集中力は抜きん出ていそうですね。

スポンサーリンク

鈴木亮平さんのこれから

役に合わせて、体重や見た目も別人のように変化させる「カメレオン俳優」と呼ばれる俳優さん。
将来は海外の作品にも出られるんでしょうね。
日本人の素敵な役者さんとして活躍してほしいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビの話題
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました