浅井カヨ(大正モダンガール)現在の仕事や夫婦生活は?wiki経歴!激レアさん

電車 激レアさん
電車 出典:公式twitter

5月17日の「激レアさんを連れてきた」に、令和の大正モダンガール、浅井カヨ(あさいかよ)さんが出演されます!
大正〜昭和初期の、1920年(大正9年)代~30年(昭和5年)代の普遍的なかっこよさ、ものを無駄にせず、自然を大切にする生活を実現してらっしゃる。
我々がこれから目指すのはその時代かも?
浅井カヨさんの令和に入ってからの暮らしやファッションのお仕事とは?
憧れの生活をこだわりと軽やかさで実現されている、経歴もあわせて調べてみました!

スポンサーリンク

浅井カヨさん経歴は?

浅井さんモガ

浅井さんモガ 出典:公式twitter

淺井カヨ(あさいかよ)
生年月日:昭和51(1976)年
出身地:名古屋
血液型:O型
身長:152cm
平成19(2007)年に「日本モダンガール協會」を設立
著書に『モダンガールのスヽメ』(原書房)
共著に『東京府のマボロシ』(社会評論社)など

現在では、大正末期から昭和初期のモダンガールを愛好する「日本モダンガール協會」の代表として、講演会などで活躍されていますね。
きっかけは、小学生のころに岐阜にある日本大正村というところで大正時代の建物と出会ったことだそうです。
温かみと安心感のある、日本人の作った洋館の独特な雰囲気に魅了されます。
大学生になってモダンガールの存在を知り、現代文明の中で生きるより、自分の生活にその文化を取り入れたいと思うようになったそうです。

スポンサーリンク

ご夫婦の小平新文化住宅

ご自宅前

ご自宅前 出典:https://suumo.jp/journal/2018/06/21/156044/


淺井カヨさんのだんな様は、音楽史研究家の郡修彦(こおり・はるひこ)さんです。
ご結婚後、お2人でこだわりの住宅を建てられ、「小平新文化住宅」として講演会や、見学会などを開催していらっしゃいます。
和風の木造建築に青緑色の三角屋根の洋館の一戸建て。
1920年代から30年代にかけて流行した、和洋折衷の「文化住宅」というのだそうです。
ヤシの木

3本の和棕櫚(わじゅろ) 出典:https://suumo.jp/journal/2018/06/21/156044/

内装

内装 出典:https://suumo.jp/journal/2018/06/21/156044/


当時の建築様式で建てられる工務店が見つからなくて、とても大変だったそうです。
見つからなければ建てないつもりだったそうですが、見つかってよかった!

小物や、装飾など細かいところにもとても手をかけた素敵な建物。
いつか見学に行きたいです。

スポンサーリンク

浅井カヨさんの令和の暮らし

浅井カヨさんは現在スマートホンをお持ちで、訪れた素敵な場所や、ご自身がスタイリングされたファッションの写真などを発信されています。

「大正110年昭和96年1月、初めてスマートフォンを入手しました」
という言葉が、はじめ理解できなかったのですが、なるほど!とおもいました。

大正110年は昭和96年で平成33年、令和2年の1月のことですね!
すごい時を超えていますね。

「これ迄、頑なにスマートフォンを持つことを拒んで居りましたが、持つことを選択して初めて知りました。
これは人と人を繋ぐ大切なツールの一つなのですネ。
傷付けたり、落としたりしてはいけないのです。丁寧に使ひませう。」
公式twitterより

ほんと、そうですね。
今まで落っことしたことがあることを思うと改めて大事につかわねばと思います。

スポンサーリンク

ご夫婦の生活やファッション

淺井さんご夫妻は、住宅だけでなくファッションも楽しんでいます。
クローゼットには、貴重なアンティークドレスや、当時の型紙をもとに洋裁店で仕立てたお洋服が並んでいるそうです。

最近では新しい試みでモダンガールじゃないスタイルなどもされているみたいですね!
髪の長さを少し変えただけで別人みたい!
右側の方はまさかの旦那様!
誰だか全くわかりませんね。

新しいファッション

新しいファッション出典:公式twitter

スポンサーリンク

浅井カヨさんの現在のお仕事

淺井カヨさんは、現在講演会の他にも、大正モダンのファッションのスタイリングなどもされています。
こちらは写真家の方の作品で、「日本モダンガール協會」代表としての淺井カヨさんによるコーディネート。
モデルはタイ人だそうで、淺井カヨさんを撮影された作品もあります。
モダンガールとバンコクは、とても相性がいいそうです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawada Kouyou 澤田光遊(@sawada_bkk)がシェアした投稿

モダンガール淺井カヨさんを、バンコクで撮影た作品。
地元ローカル・バスでの1枚。
撮影用にセットを組んだような雰囲気ですね。
一緒に写っている左側の方は現地の方のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawada Kouyou 澤田光遊(@sawada_bkk)がシェアした投稿


大正モダンガールのファッションのスタイリングのお仕事なんて、特化したお仕事、彼女ならではですね。
とても素敵です。

大正モダンスタイリング

大正モダンスタイリング 出典:公式twitter

スポンサーリンク

淺井カヨさんご夫婦での生活

淺井カヨさんは、ご夫婦で訪れた場所をSNSに乗せていますが、彼女のフィルターを通している景色がとても美しいです。
映画のワンシーンとしか思えない風景…。
旦那さんの佇まいも映画俳優にしか見えません。
日本て美しいなーと思う景色の数々です。


同じ場所を写真に撮っても、こんなに素敵な感じにならないのですが。。
やはり独特の目線で写真を取られているのですね。

どの景色も映画のようです。
ファッションも景色の一部ですね〜。

スポンサーリンク

淺井カヨさん令和のモダンガールまとめ

大正モダンガールの浅井カヨさんは、令和に入ってスマートホンを使いつつ、ファッションのお仕事などもされ、ご夫婦で理想の生活を実践されている方でした。
以前彼女を見たときには、「こういう生活を送っている人がいるんだなー」と思っていましたが、今はむしろ理想かもと感じます。
生活やものを一つ一つ大切にして生きていくことは、今の時代に必要なのでは?
とても素敵な生活をこれからも続けて欲しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
激レアさん
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました