曽我新一はトマト嫌いで金賞受賞したトマト農家!曽我ファームの通販や経歴は?

激レアさん
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000078383.html

SOGA FARM(ソガ・ファーム)の曽我新一さんが11月22日の激レアさんを連れてきたに出演されます。
曽我新一さんは、新潟のフルーツトマト専門農家・SOGA FARM(ソガ・ファーム)で糖度の高いフルーツトマトを作っています。
曽我農園では、話題になった「闇落ちとまと」や「越冬トマト」を作って、野菜ソムリエサミットで優勝した方です。
実はトマトが嫌いなのだとか?
どんな経歴の方なのでしょう。
トマトの通販や販売店は?

スポンサーリンク

曽我新一はトマト嫌いで金賞受賞したトマト農家

曽我新一さんのフルーツトマト専門農家・SOGA FARM(曽我農園)は、新潟のトマト専門農家で、50年の歴史があります。
新潟の冬の寒さで甘さを増す、高濃度のトマト作りにこだわり、2012年の野菜ソムリエサミットでは、「越冬トマト」が食味・購買のどちらの部門でも、大賞をダブル受賞しています。


スポンサーリンク

曽我農園の「闇落ちとまと」

農産物はいつも同じ形ばかりではなく、規格外のものが生まれてしまう。
形が変形したりすることを、生理障害と呼ぶのですね。

作り手にはわかっていても、そのことを知らない人には気味悪く見えてしまう。
そんなB級品、変形したもの、形の面白いトマトを大切にするのが曽我農園の方針。

夏の極端な暑さから、突起が飛び出しているトマト。
「でべそ」と呼ばれてきたものに「いのちの輝き」と名付け

一部が黒く変色したトマトを「闇落ちとまと」
と名付けると、売上が上がるなど注目を浴びました。

確かに、自然のものが綺麗な形ばかりのはずありませんよね。
問題なく食べられると知らせてくれて、しかも楽しく、美味しく食べられる!
すごくクリエイティブな方ですね!

スポンサーリンク

曽我新一のwiki経歴・プロフィール

曽我新一さんは、新潟県新潟市の「曽我農園」の三代目。
トマト業界では、カリスマ的存在らしいです!
出身大学は東京農業大学を卒業されています。
大学卒業後は、農業研究生として1年間アメリカへ行き、JICA青年海外協力隊に参加しています。
農業技術指導員として、コートジボワールとセネガルに3年間赴任されました。

コートジボアール

出典:https://nougyoujoshi.maff.go.jp/column/c_pickup/1452/


赴任中、コートジボワールでは内戦が起きて、フランス軍に助けられた という経験もしているそうです。
任期終了後はフランスの農家でオリーブや、ヤギを飼育する農家で住み込みで働いたそうです。

その後、帰国してから農園を法人化し、株式会社曽我農園の代表取締になります。
そんな曽我新一さんを雑誌の取材に来た女性とご結婚されています。

曽我新一さんは「ファーマーズハイ」というコラムの連載もされていて、本も出版されています。
本によると、トマトが食べられないのにトマト専門の生産者になった、仕事の割にインドア派なのだそうです。

スポンサーリンク

曽我農園のトマトの通販は?

曽我農園(曽我ファーム)ではホームページで「闇落ちとまと」や、特別に甘いフルーツトマトの、「越冬トマト」の販売をされています。

販売期間がとても短く、すぐに売り切れてしまうことも。
「越冬トマト」のその甘みと旨みを濃縮させたトマトジュースとケチャップソースも販売されています。

フルーツトマト専門農家・SOGA FARM(曽我農園)

【11~12月限定】 曽我農園秋トマト詰め合わせ
 【トマトの美味しい季節は2つある】  トマトと言えば一般的に夏が旬と思われますが、「甘さ」という面から見ると水分を少なくしてストレスを与えることができる春が最高の季節になります。しかし晩秋にあたる11月~12月のトマトも果実がしまって甘くなることはあまり知られていません。これは水分ストレスと朝晩の大きい気温差によって...
スポンサーリンク

曽我農園のフルーツトマト

曽我新一さんはトマト嫌いなのに、作ったフルーツトマトが金賞を受賞したトマト農家さんです。
食べられないのに美味しいものを作る。
そして規格外の商品たちも大切に販売しています。
糖度がすごく高いという、カリスマが作ったトマト、ぜひ食べてみたいですね!

沖縄で海水浴中に16時間漂流したギャル4人が助かった理由は?激レアさん
2021年の11月22日の激レアさんを連れてきたでは、沖縄で「海水浴中に仲良しギャル4人組で16時間も漂流しちゃったけれど奇跡的に生還できた人」が紹介されます。 実際にあった海での事件ですね。 4人のギャルの身に何があったのでしょう。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました