【動画】ロバートのメモ少年・篠田直哉イケメンのwikiプロフ!激レアさん

2022年8月22日放送の激レアさんを連れてきたで、「お笑いトリオ“ロバート”への愛がやばすぎて小5から追いかけ続けていたらテレビ局に入社しちゃった人と、追いかけられすぎてビビってる人」が放送されます。
篠田直哉(しのだなおや)さんは、ロバートの大ファンで、元ストーカー、メモ少年として現在注目のテレビディレクターさん。
どんなプロフィールの方なのか?ロバート愛はどのくらいなの?
見て行きましょう。

スポンサーリンク

ロバートのメモ少年・篠田直哉のwikiプロフィール

名前:篠田直哉(しのだなおや)
職業:メ〜テレ(名古屋テレビ)ディレクター
出身地:大阪府高槻市
学歴:法政大学卒業
高校:大阪府立池田高等学校

小学校5年生の時からのロバートファンという篠田直哉さん。
ロバート愛で書籍を出版されています。
それだけの長い間ファンでい続けるってすごいことですが、テレビ局に入社していることがすごいです。

最初、芸能人かと思ったほどイケメンさんですね。
いろいろな媒体にも出られているのはそのためでしょうか。

スポンサーリンク

ロバートのメモ少年・篠田直哉のロバート愛がすごい

篠田少年のロバートとの出会いは、2007年の小学校5年生の時の夏休みに、ツタヤで借りたDVDでした。
コント「トゥトゥトゥサークル」を見てロバートのファンになり、覚えるほど繰り返して見たそうです。
それまでどちらかというと暗い少年だった篠田さんは、夏休み明けにクラスの友達みんなに「トゥトゥトゥサークル」を広めます。
この時ロバートのおかげで、友達ができたそう。

中学生になるとネットでロバートのことを調べるようになり、ライブを見に行くようになります。
ロバートのライブでは、録音が禁止されていたため、篠田少年は必死でメモをとっていました。
とったメモは7ページにも及んだそう。
ずっとメモを取り続ける篠田さんは、ロバートのメンバーから「メモ少年」として認識されました。

ロバートと顔見知りになった篠田さんは、冗談でマネージャーになってほしいという依頼をされます
その言葉を本気にして、マネージャーになるために大阪の進学校に入学します。
そしてロバートを追いかけて東京の大学に進学。
大学に入ると毎週のようにライブに通うように。
どんどん近づいて行きますね!

大学の文化祭の実行委員になり、大学でロバートの単独ライブを行います。
そして大学の学祭では異例の、3000人のお客さんを入れることに成功します。
この時の感動から、ロバートのマネージャーもいいけど一緒に何かを作りたいと思うようなった篠田さんはテレビ局に入ろうと就職活動をするのです。

スポンサーリンク

【動画】TVディレクター篠田直哉 ロバート愛の動画

こちらの動画がバズり、TV出演されている共演者さんからも認知されるほどになった篠田直哉さん。
現在メーテレのディレクターとなって活躍されています。

大学生の時に、メーテレのインターンシップで受けた講義が、「ロバート秋山の市民プール万歳」
それを見てメーテレに入社しようと決意したというから運命ですね。
好きなものを貫くといつか形になるとは言いますが、本当にすごい。
大学の卒業論文はロバートについて4万字書いたそうなので、その度胸もすごい…。

さらなる成功をお祈りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
激レアさん
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました