映画【線は僕を描く】の撮影ロケ地など!水墨画のアトリエも再現・大学の場所も

横浜流星さん主演の水墨画をテーマにした映画「線は、僕を描く」がいよいよ2022年10月21日に公開されます。
墨と筆が作り出す、白と黒の繊細な美しさが映像で見られるのを楽しみにしていました。
映画「せんぼく」では、横浜流星さんや清原果耶さんが実際に描いた作品も公開されているとか。
「本屋大賞」で話題になった原作の魅力も合わさって、素敵な作品に仕上がっていることでしょう。
今回はその美しい舞台になったロケ地や、作中の人物が作品を製作するアトリエについて調べていきます。

スポンサーリンク

「線は、僕を描く」ロケ地について

「線は、僕を描く」は2021年の10月にクランクアップして、全編オールロケで行われました。
ロケ地は滋賀、京都、三重となっています。
予告映像で流れる景色がとても美しいですね。

滋賀でも多数のロケを行ったと公式にありますね。
中でも多賀大社は、主人公の運命を変える、この作品の要となる大切な場所。
映画で見られるのが楽しみですね。

スポンサーリンク

「線は、僕を描く」大学ロケ地について

こちら楽しそうな表情!
大学の学園祭のシーンのオフショットのようですね。
立命館大学の衣笠キャンパスでは?と噂されています。

大学でのロケ

大学でのロケ

大学では、横浜流星さんだけでなく、部活仲間の細田佳央太さんや河合優実さんとの学生らしい姿が見られますね。

立命館大学公式HPより 衣笠キャンパス

立命館大学公式HPより 衣笠キャンパス
京都府 京都市 北区 等持院北町56-1

スポンサーリンク

「線は、僕を描く」水墨画家のアトリエ

映画の中には、水墨画家の巨匠・篠田湖山(三浦友和)や、千瑛(清原果耶)のアトリエが出てきます。
水墨画が生まれる場所はどんなところなのか?
映像を見ると、とても作り込まれている、作家の部屋が再現されています。

絵を描く宗介

絵を描く宗介

千瑛

千瑛

水墨画家の作家のアトリエ写真を元に、映画の美術スタッフの方が、滋賀県の文化財建築にセットを作っているそうです。
すごくリアル!
本当にここで水墨の作品を作っているように感じます。

スポンサーリンク

ロケ地目黒雅叙園「百段階段」でイベントも

ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)の文化財、「百段階段」がロケ地に使われています。
こちらの建築の素晴らしい装飾の空間は、どのシーンに使われたのでしょうか?
わかり次第追記します。

そして今回、映画のロケ地にもなっているホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)で、映画に登場する水墨画の作品を見ることができます。
篠田湖山の部屋の再現や、映画で実際に使われた小道具の展示も!

これは映画と合わせて見にいきたいですね。

「線は、僕を描く」at百段階段
 色彩空間で観る水墨画の世界
開催期間:2022年10月1日(土)~11月27日(日)
 ※会期中無休
開館時間:11:00~18:00
※最終入館は閉館30分前まで
当日券:1200円
特別前売り券:1000円
(※9月30日まで・館内16:30まで)
学生:600円
未就学児:無料

「百段階段」は 東京都の有形文化財に指定されています。
ホテル雅叙園東京の前身だった、「目黒雅叙園」の3号館のことだそうです。
現存する木造建築に、名だたる豪華な装飾がたくさん施されていて、昭和の竜宮城と呼ばれたのだとか!

期間中、こちらで映画で登場する作品や、作中のシーンで登場した空間を見ることができます。
映画と合わせてお出かけすると、より作品を楽しめますね。

チケットの予約はこちらから

ホテル雅叙園東京【百段階段】|オンラインチケット販売
ホテル雅叙園東京【百段階段イベント】公式オンラインチケット|ご購入はこちら
スポンサーリンク

映画【線は僕を描く】の撮影ロケ地は?水墨画のアトリエも再現!

10月の映画公開に向けて、予告編やSNSも解禁になってきました。
ひとつひとつとても楽しみです!
これからまた新しい情報が出たら追記していきます。

こちらも合わせて

映画【線は僕を描く】見どころは役者の水墨画!あらすじやキャストの作品も
横浜流星さん主演の、水墨画をテーマにした映画「線は、僕を描く」2022年10月21日に公開されます。 原作の小説を書かれた、砥上裕將(とがみひろまさ)さんは水墨画家でもあるのですね。 映画「せんぼく」では、横浜流星さんや清原果耶さんが実...

コメント

  1. 準之助 より:

    「ちはやふる」スタッフの映画ということで、滋賀県ロケ地も多く楽しみにしてます。
    江口洋介さんが出てくる庭が綺麗な古民家は、滋賀県東近江市五個荘金堂町にある「五個荘近江商人屋敷 外村繁邸」のようです。

    • マリ子 マリ子 より:

      こんにちわ準之助さま。
      コメントありがとうございます。
      綺麗な景色がたくさん見られそうで、映画が楽しみですね。
      古民家のこと教えてくださってありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました