沖縄で海水浴中に16時間漂流したギャル4人が助かった理由は?激レアさん

石垣島 激レアさん

2021年の11月22日の激レアさんを連れてきたでは、沖縄で「海水浴中に仲良しギャル4人組で16時間も漂流しちゃったけれど奇跡的に生還できた人」が紹介されます。
実際にあった海での事件ですね。
4人のギャルの身に何があったのでしょう。

スポンサーリンク

沖縄・石垣島での漂流事件

それは、2011年9月23日の祝日のできごと。
沖縄県石垣島の沖合でシュノーケリングをしていた女性4人が漂流するという事件がありました。

9月23日の午前8時20分ごろ、石垣島の川平の海岸を歩いていた通行人から、助けを求める声が聞こえたと消防署に通報が入ります。

・消防隊員が約200メートル沖で漂流していた女性4人を発見し、救助します。
・4人は、石垣市在住の同じ飲食店に務めていた女性。
・年齢は21歳から35歳。

流されたのは、22日の夕方4時くらい。
この時海では岸から沖に向かう強い「離岸流(りがんりゅう)」に流されたとのこと。

「離岸流」とは?
海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとするときに発生する、強い流れのこと

離岸

出典:https://www1.kaiho.mlit.go.jp/


「離岸流」は珍しいものではなく、毎年どこでも発生する流れ。
4人のギャルは、この強い流れの「離岸流」に流されてしまったのです。

沖縄気象台では、22日の午後9時までは波浪注意報を出していました。
そして海岸には、波が高く流れが早いため、海に入らないように看板も立てられていました。

流された4人の中には、「離岸流」のことを知らない人もいて、足がつく場所なら大丈夫とシュノーケリングを始めてしまったのです。

「離岸流」はどこで起こる?
・海岸が外洋に面しているところ
・遠浅で、海岸線が長いところ
・近くに人口構造物があるところ

「離岸流」は珍しいものではなく、毎年どこでも発生する流れ。
4人のギャルは、この強い流れの「離岸流」に流されてしまったのです。

水場の事故は本当に怖いです。
泳げない身としては、足が立たないところに流されたらパニックを起こしそうな気がしてしまいます。
流されたときには、決してパニックを起こしてはいけないそうです。

スポンサーリンク

海水浴中に16時間漂流したギャル4人

この時の4人は、熊代貴代加(クマシロキヨカ)さんとお友達の21~35歳の女性たち。
熊代貴代加さんたちがシュノーケリングを始めて3分ほどで、「離岸流」の流れに200メートル沖まで流されてしまいます。

離岸流の速さは秒速2mほどで、一度流れに飲まれると、抜け出すのは難しく、毎年事故が起きているそうです。
熊代さんはその時の体験のせいで、今でも海に入るだけで恐ろしい記憶が蘇ってきてしまうそうです。

沖合200メートルまで流されてしまった4人は、腕を組み、集まって泳ぎ続けますが、やがて体力が限界に。
その時、幸運にも30cmほどの発泡スチロールが流されてきます。

浮いていたその発泡スチロールにつかまり、海上で一晩を過ごしています。
そして夜が明け、朝の8時20分ごろ、通りすがりの方が気がついてくれ、通報してくれたのでした。

スポンサーリンク

4人が助かった理由は?

4人が助かった理由は
・4人の年齢が若かった
・腕を組んで浮かび、体温の低下と体力の消耗を防いだ
・シュノーケルとマスクをつけていた
・水温が高い季節だった
・仲間4人と一緒にいた

4人の仲間と一緒にいることで、一晩海に浮かんでいることを耐えられたのだそうです。
無事に帰れたら何をするかを話しながら、夜をともに過ごしていたのですね。
そしてやはり真夏の水温が高いときだったのは、大きな理由なのでしょう。

一晩を海に浮かんで過ごすなんて、恐ろしすぎますね。
無事に道かって本当に良かった。
そして、やはり若いことはこういうときに体力の限界値がだいぶ違いそうです。
海で遊ぶのは楽しいですが、やはり注意深さも大切ですね。

スポンサーリンク

沖縄で海水浴中に16時間漂流したギャル4人が助かった理由は?激レアさん

熊代貴代加(クマシロキヨカ)さんとお友達の4人が海水浴中に流されてしまい、助かったのは本当に奇跡的なことなのですね。
休日を海や川で過ごすときは、細心の注意をはらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
激レアさん
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました