光宗薫ボールペン画・個展モノクロの絵がすごい!水彩画や色鉛筆・黒板アートも

アート・美術
公式Twitter

元AKB48でモデル・女優でもある光宗薫(みつむねかおる)さんがプレバト!!に出演されます。
水彩画や、黒板アートなどで、目を見張るような絵を披露される光宗薫さん。
現在は、ボールペン画で個展をされるなど、絵に力を入れているようです。
プレバト!ではない、普段の作品はどういったものなの?
見ていきましょう。

スポンサーリンク

光宗薫(みつむねかおる)プロフィール

光宗薫

公式Twitter

光宗薫 みつむね・かおる
1993年4月26日生まれ。大阪府出身。
血液型:O型
「プレバト!!」水彩画査定では名人3段、色鉛筆査定では特待生5級

光宗薫(みつむねかおる)さんは、小さい頃から絵が好きで、昔から集団行動が苦手な子でした。
10代でモデルとして上京、AKB48の頃は、あえて自分が苦手なこともやってみようと頑張っていたようです。
それが20代後半に入り、もう苦手なものを避けて生きてもいいんじゃないかと考えるように。
現実逃避がしたくて、ボールペンで絵を描き始めますが、今はもっと絵の仕事に力を入れたいと、家では朝から晩までボールペンで絵を描き続けているそうです。

スポンサーリンク

光宗薫 個展のボールペンのモノクロ画がすごい!

光宗薫さんは、2011年頃から、本格的に独学で絵を描き始めました。
絵に使用している画材は、全て無印良品のポリカーボネイトボールペン0.7mmだけなのだそうです!
新しいボールペンと使い込んだものでは、インクの出方が違うので、インクの量の違うボールペンをそろえて描かれています。
昆虫や、空想の生物等を緻密に書き込んだ作品は、美術雑誌「アートコレクターズ」に掲載されるほど。

繊細で緻密に独特の世界観を描いた作品は、洋服のコラボ作品としても世に出ているのですね。
モノトーンでカッコいいです!
作品の迫力に圧倒されます。

ご本人が着用されている姿も。
光宗薫さん、さすが美しいですね。

作品のファンの方もたくさんいらしゃって、直接絵が見られることを楽しみにされています。
次回の個展は、2022年春に予定されていますね。

スポンサーリンク

光宗薫のプレバト!の水彩画

「プレバト!」でのお題は、自分からは取り組むことないお題なので、そこから得るものも多く、ボールペンで描いている自分の絵に還元されるそうです。

こちらはゆうされた時の麒麟の絵ですね!
見事です。

光宗薫のプレバト!のスプレーアート

スプレーアートは、大きければ大きいほど、描きやすいのだけれど、大きいので、スプレーを地面から取ったり、置いたりする動きが大変で、足がパンパンになるんだとか。
撮影後しばらくは、座るのが大変だったそうですが、とても楽しかったそうです。

スプレーアートは絵が上手い下手よりも、人柄がにじみ出てしまうものだそうです。
他の出演者の方も、それぞれのカラーが強いので作品を見るのが楽しそうです!

色鉛筆の細密さ

ビーフシチューが細密に描かれています。
だいぶボールペンで描いたご自分の作風に近いですね。
グロテスクと言われていたような。
また次の色鉛筆で描いた絵も見たいですね!

スポンサーリンク

光宗薫のプレバト!の黒板アート

特待生に昇格した回の黒板アートですね。
普段の絵は、ボールペンで一色のみで作品作りをされていますが、黒板アートの色をたくさん使った作品もとても素敵です。
優しい色使いが、見ていて心が暖かくなります。


スポンサーリンク

光宗薫の個展の作品が凄い!プレバト

光宗薫現在は、ボールペンで独自の画風の絵を描くことをお仕事にされていました。
美術雑誌に掲載されたり、洋服のデザインとコラボされるなど、アーティストとして活動されています。
プレバド!での水彩画や、スプレーアート、黒板アートもそれぞれ実力を伸ばしていて、素敵な作品を見せてくれています。
これからの活躍も楽しみにしたいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アート・美術
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました