浅川遊【チェロ博士ちゃん】自作の楽器の評価は?葉加瀬太郎に挑戦!

チェロ 博士ちゃん
出典:freepic

チェロ博士ちゃんの浅川遊(あさかわ ゆう)くんが「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」に出演しました。
葉加瀬太郎さんが緊急参戦、感動の発表があるそうです。
浅川遊(あさかわ ゆう)くんのチェロ製作は大きく話題になりましたね。
その時の様子を見ていきましょう。

スポンサーリンク

チェロ博士ちゃん 浅川遊くん

チェロ博士ちゃん

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/hakasechan/

浅川遊くんは2006年生まれの現在15歳。
現在中学3年生ですね。
クラシック好きのご両親の影響で、
3歳からチェロが大好きになります。

2020年に初出場した
「第30回日本クラシック音楽コンクール」では
中学校の部で全国大会ベスト8の成績を収めています。
日本トップレベルの大会で、初出場でベスト8!
演奏の技術も高く評価されていて、演奏もすごい実力なのですね。

好きな作曲家はバッハ。
「バッハは神」とまで言っています。

そんな浅川遊くんは次第に
自分で作ったチェロを弾けたら、
素晴らしいだろうなと思うようになります。
もともと物を作ることが好きだった浅川くんは、
絃楽器職人に弟子入りし、
半年間工房でチェロの製作に挑み、
チェロを完成させてしまいました。

絃楽器製作の師匠、「斎藤さん」にも
中学生でチェロを完成させた子は
他にいないはずと、絶賛されています。

製作

出典:http://sarasate.me/modules/sarasate/index.php?content_id=81

演奏するだけではなく、
チェロを1から作る事で過去の歴史や、
100年先のことまで考えて
楽器を作っていたという博士ちゃん。

チェロにニスを塗る前とあとで、
音が違うことについても話していましたね。

葉加瀬太郎さんも子供扱いせずに
プロの音楽家として真剣に
指導しきちんと評価していました。
音楽に向き合うプロとしての
真剣勝負だった回ですね。

スポンサーリンク

葉加瀬太郎に挑戦

博士ちゃん

出典:https://news.mynavi.jp/article/20210227-1756137/

自分の作品や能力がプロの世界でも
通用するのか知りたいという新企画
「3つ星博士ちゃん検定」の第一回だったというこの回。

評価は、年齢は関係なく、ちゃんと音が鳴る楽器なのか、
プロが演奏に使える楽器なのかという厳しいジャッジ。

浅川遊くんの演奏を聴いた葉加瀬太郎さんは、
目つき、顔つきが変わります。
博士ちゃんがチェロを弾きだすと、最初の1音が一番大切。
旅立つ準備をしてから弾きだすんだよと指導。
すると聴いていてわかるほど音が変わりました!

そして星の結果は?

星の評価は一つ星半

バイオリニストとして一緒に弾きたくなる音なのか「忖度しない評価が欲しい」との希望から、本当は三つ星にしたいところですが、厳しく評価をされたようですね。

一つ星半の理由は、チェロの板が厚く、音がこもってしまうためと、
チェロのf字孔が綺麗でないというもの。
楽器は形の美しさがとても重要なのだそうです。

浅川遊くんは、100年先を見越して
板を厚くしたとのこと。
そしてニスを何度も塗り重ねて
音を調整しているのも本職の職人のようでした。

それでも、ここまでのものを作れたことに
「14歳の中学生でチェロを自作、自演するなんてすごい」
と敬意を表していました。

チェロの製作者にしても演奏家にしても、ここまで突き詰めることができるなんて素晴らしいですね。

スポンサーリンク

チェロ博士ちゃん葉加瀬太郎に挑戦! まとめ

3歳からチェロに親しんで、チェロを演奏するだけではなく、自分で一から楽器を作ってしまった博士ちゃん浅川遊くん。

きっと自分で作ってみないとわからない、音の秘密がたくさんあったはずですね。
一流ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんとの出会いも幸運です。
これからの博士ちゃんの活躍を楽しみにしています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
博士ちゃん
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました