庵野秀明監督はどんな夫なの?安野モヨコとの結婚生活でエヴァはどうなる?

エヴァ最終 映画
エヴァ最終 公式Twitter

シン・エヴェンゲリオンついに最終章…!
映画監督など、ほうぼうで絶賛されていますね!

庵野秀明監督、巨匠・宮崎駿に「庵野は血を流しながら映画を作る」と言わせるほどの才能と実力の持ち主。
エヴェンゲリオン、シン・ゴジラを作った人!
リスペクトとともに強面で気難しそう…。
下手なこと口走ったら、消されてしまいそうなイメージです。
その庵野監督が、ご結婚されたと聞いたのはだいぶ前のことだけどいつだっけ?
これだけの大作を作り続ける庵野監督は、どんな結婚生活をされているのか?

奥さんは、ダンナが気難しくて疲れてないのか?
気になって見ていたら、ご夫婦が面白すぎました。

スポンサーリンク

奥さまは安野モヨコさん

奥様は漫画家の安野モヨコさん。
『ハッピー・マニア』『働きマン』『さくらん』など、
ご結婚されたときはダブルアンノとして話題になりましたね。
当時は安野モヨコさんは、オタクとは無縁のオシャレなレディースマンガ家としてヒット作を連発していました。
まさかのオタクの権化・エヴァのアンノ監督と結婚?デマでは?
と思った記憶があります。

ご結婚されたのは2002年、もう20年前!
驚きました。
いやーお二人の仲の良さは有名なのですね。
庵野監督のことを書いたエッセイ漫画では、結婚してから安野モヨコさんがどんどん監督に合わせて自然にオタク化していってくようすが描かれています。
楽しそうに生活されている様が伝わっていますね〜。

東京国際映画祭で、庵野監督の特集が上映されたときの映画祭で、こんな発言をされています。

僕は特撮と嫁さん(漫画家の安野モヨコ)がどんだけ好きなんだと思いますね。(安野原作のアニメ)『シュガシュガルーン』(のオープニングとエンディング)なんて、よくやっていたなと思いますよ」
出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0067645
心の中心では、孤独感や疎外感と戦いながら、毎日ギリギリのところで精神のバランスを取ってると感じます。だからこそ、自分の持てる仕事以外の時間はすべて嫁さんに費やしたい。そのために結婚もしたし、全力で守りたいですね、この先もずっとです。
出典:https://mess-y.com/archives/2072/2

監督すごい。
ストレートな愛情表現です。
こんなにちゃんと口に出してくれる人だとは思いもよりませんでした。

ご夫婦は普段から、お互いの作品の話をとてもよくされるそうで、監督は安野モヨコさんの意見を聞きたがるのだそうです。
監督を務めた「シン・ゴジラ」の脚本も、早い段階に読んで欲しいと奥様に渡してあったとか。

それってすごいことではないですか?
夫婦だというだけでなく、クリエイターとしての信頼感がなければできないことでは。

2014年に安野さんが描かれたマンガ、「監督不行届」がアニメ化された時の監督の言葉がまた胸に刺さります。

監督の言葉で「是非、妻のマンガを読んで」「皆様に改めて、その面白さや感動を味わって欲しい」と綴られていました。
妻への愛情と同時に、作品の本質もギュッとつかんでいるというか……。最大の理解者であり、よき批評家でもあるんだなと。
出典:https://natalie.mu/comic/pp/godzilla2016_03

奥様の安野モヨコさんの漫画の感想を、撮影で忙しい時期なのに「通して読んだらより一層面白いね」と言ってくれたり、作品の細かなことまで、毎回必ずどこか褒めてくれるんですって!!

安野モヨコさんは庵野監督のことを、「毎回必ず褒めてくれて、励みになるようなことを言ってくれる人」とおっしゃってます。

ここに世の夫婦のあり方のお手本が…!!

周りに見るご夫婦って、うまくいかなくなってくると、相手に不満が募って、悪口を言い出すというのが仲が悪くなるパターンが多いかと…。

お二人の場合は、2人とも世に名前が知られているクリエイター。
作品作りを大切にしているからこそ、言われたら嫌なことや、言って欲しいことがわかるのでしょうね。

いちばんに自分を理解してくれる相手なんですね!
心に刻みたい!

スポンサーリンク

監督の偏食指導!!

庵野監督がすごい偏食なことは、有名な話ですね!

肉や魚を食べない。
いわゆるベジタリアンらしいけれど、餃子や卵はOK。
そしてキノコ類は食べられない
「サッポロポテトバーベQあじ」をはじめお菓子が主食。

作品制作期間中などは食事も不規則になるのでしょう、体重管理も奥様の指導でダイエットに成功して、今ではオシャレな服も着こなせるようになったとか!
オシャレ以前に健康が心配ですもんね。
健康で作品を作って欲しいです!


スポンサーリンク

2人は仲良し夫婦

エヴァンゲリオンを作るのは心身ともに大変な労力が必要なようで、庵野監督は体を壊されてお仕事をお休みされていたことがあります。
そして安野モヨコさんもまた、体調を崩されて漫画をおやすみされていたことが。

第一線で作品を作り続けることが、いかに大変なのか伝わってきますね。
そんな大変さも理解してくれるのは、お互いしかいないんではないでしょうか。

ホントーにいい人と結婚したねえ〜としみじみと思いました。


スポンサーリンク

まとめ最後のエヴァはどうなった?

マンガ・大きなカブでは、安野モヨコさんが庵野秀明監督が大変だった時のことを描かれています。
ほんと、監督としてたくさんの人やお金と関わりながら、毎回話題作を作り続けるって、どれだけ大変なのでしょう。
想像を絶します。

安野モヨコ描き下ろし、庵野秀明とカラー10年の歩みを描いた「おおきなカブ(株)」公開 | MOYOCO ANNO
昨年11月、ラフォーレ原宿で開催された「株式会社カラー10周年記念展」。 そこで展示された安野モヨコ描き下ろしの「おおきなカブ(株)」を本日より公開開始。 設立から10年という月日の流れを、妻として庵野秀明
「嫁さんのマンガは、マンガを読んで現実に還るときに、読者の中にエネルギーが残るマンガなんですね」「『エヴァ』で自分が最後までできなかったことが嫁さんのマンガでは実現されていた」

こんなことを思う監督、安野モヨコさんとの結婚で、作品の向かう方向は変わったのでしょうか。
シンジ達はどうなっているのでしょう。
シン・エヴェンゲリオン最終章、見に行かなくては!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました