男装の明智探偵・乱歩の映像!美女シリーズ黒蜥蜴・田村正和に天知茂から満島ひかり

満島ひかり明智探偵 江戸川乱歩
満島ひかり明智探偵出典:https://www.cinra.net/news/20160110-edogawaranpo

毎年、年末年始に放送を心待ちにしている満島ひかりさんの乱歩シリーズ。
再放送で大いに盛り上がりました!

2021年1月12・13・14日 19:00 NHK BSプレミアム
シリーズ江戸川乱歩短編集!
2月、3月にも、ついに新作・明智君が見れる!
しかも、日本の子供(だった人達)のDNAに、インプットされていると思われる少年探偵団!
楽しみすぎる。

子供の頃に図書館で読んだあのシリーズ、表紙もぼろっちく、黄ばんだ紙のあの本をまた読みたいな〜。

スポンサーリンク

日本のクリエイター達が昔から映像化している乱歩作品!

江戸川乱歩といえば、こちらの短編作品にとどまらず、遡っていくとたくさんの映像作品がありますね。

昭和の文豪、乱歩の退廃美、猟奇的、怪奇、エログロナンセンス…。
実は、乱歩自身も映画というメディアから強い影響を受けていたと言います。

「芸術表現の手段として、文学、絵画、音楽等を引っくるめて、活動写真に及ぶものなしとまで思いつめている」
というほど。

満島ひかり人間椅子

満島ひかり人間椅子 出典:https://www.cinra.net/news/gallery/120345/1

江戸川乱歩 えどがわ らんぽ
日本の推理小説家。
1894年10月21日生まれ、三重県出身。
筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーをもじったもの。
早稲田大学政治経済学部を卒業後、大阪の貿易会社に就職。
その後、古本屋開業を経て、蕎麦屋、新聞記者など職業を転々とした後、1923(大正12)年に「二銭銅貨」で作家デビューを果たす。
その他の代表作は『人間椅子』『黒蜥蜴』『陰獣』などを始めとした本格推理小説や、『怪人二十面相』『少年探偵団』などの少年向けの推理小説など多数。
大正時代から昭和時代にかけて、生涯で約130の作品を発表し、日本の近代的な推理小説の礎を築いた。

江戸川乱歩

江戸川乱歩 出典:https://www.cinra.net/news/20160110-edogawaranpo


1920、30年代は、国家権力による検閲が、猟奇的な殺人を煽情的に描いた探偵小説の映画化を禁じたため、乱歩映画にとって不遇の時代でした。
敗戦後には、『心理試験』を原作とした久松静児監督の『パレットナイフの殺人』(1946)を皮切りに、多数の乱歩原作映画が制作されていきました。
その後50年代に至るまでに制作された作品の多くは、少年探偵団や明智小五郎の活躍を描く活劇ともいうべき作風のものでしたが、1960年代後半に乱歩映画のモードが一変します。
映画では東映の任侠映画が隆盛を極め、アングラ演劇や暗黒舞踏といった先鋭的な文化運動が展開しており、また、既成の文学史から排除された乱歩を含む戦前期の探偵作家の作品が多数復刻され「異端文学」としてのブームを起こしていました。
出典:https://pdmagazine.jp/works/rampo-films/

スポンサーリンク

天知茂さんの明智探偵!

天知茂さんが明智探偵役の、黒真珠の美女~江戸川乱歩の「心理試験」

天知茂 明智探偵

黒真珠の美女 出典:pinterest


子供の頃、学校の図書館で借りた少年探偵団。
そして子供の頃の乱歩映像作品といえばこちら。

乱歩美女シリーズ

乱歩美女シリーズyoutube

主に「土曜アンコール劇場」でTV放送していたのを見ていました!
「土曜アンコール劇場」は「土曜ワイド劇場」の再放送。
学校から帰ってきて、土曜のお昼にミートソーススパゲッティかなんか食べながら「氷柱の美女」や「浴場の美女」を楽しみに見ていました。

イントロにかかる音楽、芝居掛かったセリフ回しや、不安を煽るような怪しげなBGMがたまらないのです。
からくり屋敷に潜り込んだようなドキドキ感で見ていたような。
天知茂さんの明智探偵が、変装を解くシーンはマネして遊んだ記憶があります。

乱歩美女シリーズ岡田奈々

乱歩美女シリーズ岡田奈々 出典:https://www.fami-geki.com/detail/index.php?fami_id=01187

女優さんがみんなとんでもなくかわいい。
そして女体の裸が惜しげもなく…!
今は放送できないですね。お昼にやってましたね〜。

スポンサーリンク

美輪明宏の黒蜥蜴に田村正和さんが共演!

田村正和美輪明宏

美輪明宏の黒蜥蜴 引用:https://www.dreampass.jp/e146

黒蜥蜴シリーズの「黒薔薇の館」だったかに、若かりし頃の田村正和さんも出演されています。
確か、美輪明宏さんが演じる黒蜥蜴に片思いをする若者、と言った役どころだったような。

美輪様

美輪様 出典:https://www.dreampass.jp/e146


当時はまだ青い若者といった風情で、いまのダンディーさは見られなかったような。
やはり年を重ねて出てくる色気というものがあるのですね。

寺山修司とか、アングラ系の時代ですね。
初めて毛皮のマリーを見たときの衝撃はすごかったです。

美しいけれど、男っぽさもだいぶ感じられる美輪さん。
もはや性別とかの次元ではなく、ゾッとするような凄みを感じます。
田村正和さんが共演されています!
田村正和さんが明智探偵をやっていたような記憶がありますが、恋に落ちる役だった?
そして氷の中に入った標本役で、戯曲を書いた三島由紀夫さんが出演されています。

名画座にこの白黒映画を見にいきました。
同時上映のショートアニメーションが竹中直人さんナレーションの「お勢登場」で、すごく良かったのですが、探しても見当たらないのですよね。

日本の1960年代中期から1970年代前半にかけて全盛期を迎えた舞台表現(主に演劇)の潮流である。「アングラ」とはアンダーグラウンドの略語。見世物小屋的要素を取り込み、それまでの近代演劇(新劇など)が排除した、土俗的なものを復権させたのが一つの要素で、独特の世界を作り上げた
スポンサーリンク

江戸川乱歩は歌舞伎の題材にも!

乱歩歌舞伎

乱歩歌舞伎 出典:https://www.kabuki-bito.jp/news/482/

2010年、国立劇場の11月の歌舞伎公演「江戸宵闇妖鉤爪(えどのやみあやしのかぎづめ)」
松本幸四郎さんと市川染五郎さん(当時)の舞台。

江戸川乱歩の代表作「人間豹」を題材に、はじめて歌舞伎として舞台にかけた作品。
「人間豹」と呼ばれる半人半獣の殺人鬼と、名探偵明智小五郎の命がけの対決を描いた長編ミステリー。
江戸川乱歩の世界観を損なうことなく、怪しい空気感たっぷりの素晴らしい舞台でした。
舞台でこんなことができるのね〜!と感動した記憶があります。
詳しくはこちら:https://www.kabuki-bito.jp/news/482/

ちょっと振り返っただけでも、名作揃いの江戸川乱歩作品。
たくさんの映画作品があるので、遡ってみるのも楽しそうです。

スポンサーリンク

満島ひかり明智シリーズ・乱歩の次回作は?

満島ひかりさんの乱歩シリーズ、新作が見られるみたいですね!

2021年 NHK BSプレミアム「少年探偵団」シリーズ
第1回「怪人二十面相」3月23日 19:00~19:30
第2回「少年探偵団」3月24日 19:00~19:30
第3回「妖怪博士」3月25日 19:00~19:30

以前もしかして、次回の構想はもうあるのですか?という質問にこう答えられていた満島さん。
もうすぐ実現が見られそう。

まずは、次の第4シリーズがあることを願うばかりですが。あえて挙げるのならば「少年探偵団」を、短パンをはいたおじさま俳優さんたちとやりたいです! 私は、もちろんまた明智役で!(笑)
出典:https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=17104

子供の頃、乱歩シリーズの最初に読んだ「少年探偵団」。
ずっと待っていた新作!
このお知らせを知ってからずっとワクワクウキウキ。
作品がたくさん見られることを楽しみにしてます!

満島ひかりが男装の少年探偵団?原作や登場人物・キャストは?怪人二十面相は誰だ!
明智君とともに、小林少年が活躍する「怪人二十面相」シリーズ、乱歩が少年探偵団を書いたのは、戦前のころ。昭和11年から13年にかけての3年間で発表された3部作。怪人二十面相、少年探偵団、黄金仮面。満島ひかりさんは明智くん?怪人二十面相は誰だ!
男装の満島ひかり明智小五郎の乱歩短編傑作選!正直なところを感想ネタバレ
NHKで満島ひかりさん主演の『人間椅子』が再放送されていました。満島さんといえばドラマに映画に舞台にと存在感を放つ稀有な女優さん。今回は大好きな江戸川乱歩の作品について見ていきたいと思います。満島ひかりの明智小五郎! 期待の江戸川乱歩短編次回作は?
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
江戸川乱歩
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました