話題の代々木の公園、透明トイレがリニューアル!トイレがまる見えで安心?

代々木の透明トイレ 気になる
代々木の透明トイレ

先日、渋谷近辺に出かけた際に公園に通りがかったら、カラフルな四角いゼリーみたいな箱が設置してありました。
しばらくはそれがトイレだと気付かず、あ、これがウワサの透明トイレ!と思いあたりましたよ。
リニューアルされたんですね!
どうして普通の公園にこんなきれいなトイレが?
他の場所にもできてるの?

スポンサーリンク

こどもも安心して入れるトイレ

「東京都渋谷区に、スケルトンの公共トイレが設置されたらしい。」
SNSで透明なトイレが話題になってますね。
代々木深町小公園の公共トイレ。

公園の看板

公園の看板

本当に透けてる!こんな普通の公園に?どうして?
公園ですから子供がたくさん遊具で遊んでいます。隣の競技コートではフットサルもやってます。
きたない くらい 危険 怖い 臭い と散々なイメージの公衆トイレですが、このトイレ、誰もが快適に使えるトイレをというプロジェクトの一環なんだそうです。

代々木の透明トイレ正面

“透明トイレ”が出現!? 世界的クリエイターが手掛ける「THE TOKYO TOILET」プロジェクトとは
日本財団は、渋谷区の協力を得て、性別、年齢、障害を問わず、誰もが快適に使用できる公共トイレを区内17カ所に設置します。
世界で活躍する16人のクリエイターに参画いただき、優れたデザイン・クリエイティブの力で、インクルーシブな社会のあり方を広く提案・発信することを目的としています。
加えて、従来に比べ清掃をはじめとしたトイレの維持管理を強化することで、訪れた人々に気持ちよく利用していただき、さらに利用者自身が次の人のためを思う「おもてなし」の心の醸成も目指していきます。
引用:https://www.nippon-foundation.or.jp/who/news/pr/2020/20200805-46948.html
スポンサーリンク

デザインされたトイレが渋谷区だけで17カ所も!

今回立ち寄ったのは、代々木深町小公園トイレですが、いたって普通の公園の中にありました。
このトイレ、夜になると周りを明るく照らすんですね!
外から中が見えるってすごく驚くけど、確かに中に誰もいないことがわかるって安心ですね。
どうしても切羽詰まった時、公衆トイレの扉を開けることすら結構勇気のいることだったりしますので。
めいっこと遊びに出ても「公園のトイレは怖いから絶対イヤ!」と言って、近くの公民館にトイレを借りに行ったなあ。
確かに子供を暗いトイレに入れるのは怖い。大人だって怖いけど。
きっと公園で一番トイレを必要としているのは子供達なのでは。公園で遊んでるのは子供だし。

マリコ
マリコ

それにしても他のトイレも見てみたいです。

みわ
みわ

すでにオープンしているところと、2021年にオープンするところがあるのですね。

スポンサーリンク

他にもある渋谷区のコンセプトトイレ

●笹塚緑道:小林純子/2021年 オープン

●幡ヶ谷:マイルス・ペニントン 東京大学DLXデザインラボ/2021年 オープン
●西原一丁目公園:坂倉竹之助/2020年8月31日 オープン
●西参道:藤本壮介/2021年 オープン
●代々木八幡:伊東豊雄/2021年 オープン
●はるのおがわコミュニティパーク:坂 茂/2020年8月5日 オープン 
●代々木深町小公園:坂 茂/2020年8月5日 オープン 
●裏参道:マーク・ニューソン/2021年 オープン 
●神宮前:NIGO®/2021年 オープン 
●神宮通公園:安藤忠雄/2020年9月7日 オープン 
●鍋島松濤公園:研吾/2021年 オープン 
●並木橋:佐藤カズー Disruption Lab Team/2021年 オープン 
●東三丁目:田村奈穂/2020年8月7日 オープン 
●恵比寿公園:片山正通 ワンダーウォール/2020年8月5日 オープン 
●恵比寿駅西口:佐藤可士和/2021年 オープン 
●恵比寿東公園:槇文彦/2020年8月7日 オープン 
●広尾東公園:後智仁/2021年 オープン 
引用:https://tokyotoilet.jp/

そうそうたる顔ぶれの建築家やクリエイターの顔ぶれ!!
東京オリンピック・パラリンピックに向けての取り組みのようです。
これだけあったらトイレだけでも見て回ってみたいですね。
恵比寿のタコ公園にもありますね。建築家の槇文彦(まき・ふみひこ)さんは、タコ公園の「イカのトイレ」として親しまれることを期待されているとか。

スポンサーリンク

トイレのメンテナンスも!「トイレ診断士」とは!?

多くの人が挙げた公衆トイレの不可欠な機能として、
「安全性」「清潔さ」「トイレットペーパー」「明るさ」「荷物置き場・荷物かけ」
改善してほしいことが「きれいにしてほしい」と、「明るくしてほしい」
と挙げられているそうです。

確かにー!!荷物置く場所がどこにもなくて座り方がわからず、変な格好になったりしたことも。
子供は暗くて怖いと、公衆トイレが使えないという子もいます。

ただ、駅や公園など、公共のトイレが汚いというのは、使う人のマナーが悪いというのも一因ですね。
時々なぜ??というゴミが捨ててあったりしてがっくりする時があります。
喫煙や、水や紙の使い方、落書きなんかも。

きれいに使われ続けるようにメンテナンスに取り組むこともプロジェクトの一環だそうで、トイレの維持管理のプロフェッショナルの「トイレ診断士」による診断を受けて行くそうです!
初めて聞きました。「トイレ診断士」とは?!

生労働省認定 社内検定「トイレ診断士」
トイレの総合メンテナンス事業を全国にFC展開する株式会社アメニティは、2003年1月9日、厚生労働省の社内検定制度で、同社が導入していた『トイレ診断士®』が認定された。
同社のトイレメンテナンス事業の特徴は、トイレのトラブルを解決するだけでなく、発生しうるトラブルを予防して、トイレの維持管理を行なうもの。
新たな活動として、広く一般にトイレに対する意識を啓蒙していきたいという。
引用:http://www.amenity-network.net/service/toilet_consultant/

トイレのメンテナンスのプロ集団が…!すごいですね。
きれいな状態で維持するのは大変なことです。

トイレの思い出・おわりに

以前ポルトガルに行った時のことですが、午前3時くらいに到着した、経由国の空港のトイレを使おうとしたら、清掃中につき使用中止になっていて、入り口に中に入れないようにテープが貼ってあったのです。
ええ??と思って他のトイレを探して回ったのですが、どこも使用中止。
夜だから?飛行機は動いてますが。
おばあちゃんたちも外で並んで待っているのに。
結局一番遠い、VIPの特別ラウンジの横のトイレだけが使えました。
空港のトイレが全部使っちゃダメって日本では考えられないなあと思ったものです。

スポンサーリンク

まとめ

ロンドンでは公衆トイレが次々と閉鎖され、地下鉄の駅などはトイレがないところが多いようです。
まず公衆トイレは有料の国が多いですよね

海外に旅行に行って、日本に帰ってきてまず思うのは、
「こんなにきれいでピカピカのトイレをタダで使えるなんて日本てすごい。」
これは毎回思いますね〜。
せっかくこんなにきれいなトイレなのだから、ありがたくきれいなまま使わせてもらいたいものです。

ところでこの透明トイレ、鍵をかけると外観が不透明になる仕組みだそうですが、鍵をかけ忘れると透明なままみたいですね。
気をつけてたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました