井上純子のバナナ姫ルナのコスプレとは?北九州のシングルママ議員の経歴は?激レア

姫 激レアさん
出典:https://ameblo.jp/junkoinoue877/

北九州の市議、井上純子さんが12月13日の激レアさんを連れてきたに出演されます

「市役所で上司の無茶ぶりに応えて倉庫で眠っていたご当地キャラのコスプレをしたら大ブレイクし、最終的に政治家になった人」

ということですが、コスプレをして公務員として働かれていたってどういうことでしょう?
井上純子さんとはどんな方?

スポンサーリンク

井上純子は北九州の市議

激レアさん

公式twitter

井上純子さんは2021年1月31日、福岡県北九州市の市議会議員選挙に出馬されました。
八幡西区選挙区で初当選にして、トップ当選!
現在は市議として活動されています。

【井上じゅんこ】毎週土曜21時!LIVE配信 #北九州市議会 #政治家 #選挙
北九州市政のトピックスや気になる話題をただただ話します。コメント大歓迎♪ #北九州市 #市議会議員 #女性政治家 #選挙 #バナナ姫
・子育てママの負担・不安を軽減
・コロナ後の社会に対応した産業の成長
・小・中学生の視野を広げた教育支援
・高齢者の在宅生活支援

掲げる政策は、多岐にわたります!
なんでも気さくに答えてくれる議員さんとして親しまれていますね!

スポンサーリンク

井上純子のwiki経歴

井上純子さんは、北九州市出身

3人のお子さんを育てるシングルマザー。
19歳で結婚された時に、3人出産することを決意され、24歳で3人目のお子さんを出産されています。
この時にシングルマザーになった井上さんは3人目のお子さんが0歳6ヶ月になった時に市職員(公務員)として職場復帰されます。

現在では娘さんも立派に成長されています!

保育所に送迎、家族と職場の理解に助けてもらいながら、3人の子育てをされたそうです。
若くして離婚して子育てをする井上さんに、子供の父親が3人違うというなどと、噂が立ったそうです。
仕事に追われ、そんなデマに関わっている暇はない井上さんは

・住民登録や戸籍手続きなどの市民窓口業務
・活保護行政「ケースワーカー」
などの仕事を経て、市PR部署「観光課」へ異動されます。

観光課での仕事の目標は、
「国内の方達に、北九州に旅行に来てもらうこと」

そのPRのためのイベントで、法被やポロシャツをきたりもしますが、アピール度はイマイチ。
北九州市の知名度は低く、興味を持ってもらえない、ネット検索もしてもらえない時期が続きました。

予算がなくて広告が打てないところから始まったのですね!

スポンサーリンク

井上純子はバナナ姫ルナ

希望が通って観光課に移動した井上さんですが、北九州市のPRイベントを告知する予算もなく、何ができるのかと頭を悩ませます。

そんな時に、門司港バナナのPRキャラクターである、「バナナ姫ルナ」のコスプレをしたらどうか?と思い立ちます。
バナナ姫ルナは門司港バナナのPRキャラクター。

バナナ姫ルナ

https://ameblo.jp/junkoinoue877/entry-12635323875.html

もともと、個人的に趣味でコスプレをされていて、仮装コンテストでグランプリを取るくらいだった井上さん。

「周りの目を気にしない」という性格が幸いし、注目を集めるためにコスプレをしてみることにしたのです。

どうやったらその場で印象を残せるか?
目立てるかということをそれまでに研究していた野沢さんは、お母さんに手伝ってもらって、「バナナ姫ルナ」の衣装を作り、フェルトで作ったバナナを頭につけるという扮装をされます。
「バナナ姫ルナ」が誕生したのですね。

初めてのイベントで「バナナ姫ルナ」は予想外の人気。
テレビや新聞でも紹介され、注目を浴びて行くことになります。

新聞

https://ameblo.jp/junkoinoue877/

「市の観光PRのため」に始めたコスプレが思いの外バズってしまい、次第に負担になってしまったそうです。

確かに、実際は子育てをして、公務員として仕事もされている社会人です。
騒がれすぎるのはちょっと息苦しくなってしまいそうです。

スポンサーリンク

井上純子のバナナ姫ルナ引退会見

最後は2018年3月末に小倉駅でさよならイベントが開かれ、「バナナ姫ルナ」の引退会見で幕引きとなりました。
観光PRのキャラクターがそんなにも人気が出たって、すごいことですよね!
その後市議になられた井上さんは、とても気さくに市民の話を聞いてくれる議員さんとして活動されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
激レアさん
マリ子をフォローする
マリ子の部屋へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました